FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【6】牛女

.24 2011 妖怪 comment(0) trackback(0)
私が専門学校に通っていた頃の話し。

当時18歳の私は、片道2時間半かけて都内の専門学校に通っていました。
往復時間があまりにもかかる為、学校が終わって5時までに出勤出来、終電で帰れるバイトを探していました。
地理的に、新宿駅近く、電車の事を考慮すると選択の余地はありませんでした。
幾つか面接して、やっとパブのボーイの仕事が決まり働き始め、少し仕事に慣れた頃、
店長から、こんな注意を受けました。

「慣れてきたみたいだね。これから色々お使いも頼もうと思うんだけど、幾つか注意があるんだ。」
聞くと、やはり新宿の飲み屋なので“やくざ”がらみの注意でした。
只、最後の注意だけ不思議な内容で、ちょっと理解出来ません。
「夜、終電が終わる頃から、4時位まで、もし誰かにお使いを頼まれても、○○公園の側の道は使わないでね。
ましてや中を横切ろうなんて思わないで。」
・・・何だろう、ヤバイ人でもタムロしてるのかなあ?
「何でですか?」と聞くと。
「あそこは、ゲイの発展場だから、君みたいな男の子はちょっとヤバイんだよね。」
・・・あ、なるほど!
「それと、今は出ないと思うけど、昔、一時期“牛女”が出てたから・・・。」
へ!?“牛女”?何だそれ?
「何ですかそれ!?面白そうですね!」
「ば!馬鹿言っちゃいけないよ!面白いなんて!・・・見たら“死ぬ”って話しなんだぞ!」
「え!死ぬんですか!?誰か見た人居るんですか!?」
「・・・・・俺も、・・・見た・・・。」
・・・生きてるじゃん・・・(TωT)
「そういう話しなの!実際、凄く怖いんだぞ!目が合わなかったから死なずに済んだだけかもしれないし。
赤いボディコン着た頭が“牛”の女なんか見たら、お前なんか腰抜かすぞ!!」
・・・ボディコンΣ( ̄ロ ̄lll)
「あと、○○って店、夜中行くとおばけがカウンターに座ってるんだ、今度連れてってやるよ。」
・・・うあ、馬鹿にした目したら、いじめに入った・・・(;-`д´-)

その後、何度かその公園の脇を通ったのですが、これまた目撃はできませんでした。
さらに、おばけの居る店も、店長がお金持って夜逃げした為、連れて行ってはもらえず・・・(しかも店名わすれちゃったし・・。)

“牛女”が出没したのは、ほんの数ヶ月程だったらしいのですが、店長の話しでは結構な人数の人が目撃したらしいです。
その公園は、普段は夜中でもそこそこ人が居る人気のある公園なんですが、
“牛女”が出る時は、皆、逃げた後なのか、居ないのを見計らって出てくるのか、誰も居ないそうです。
そして、何するで無く、それは立っているだけで、見た人が悲鳴を上げても微動だにせず、只々立っているそうです。

不思議な事ですが、やはり、警察に通報した人が居たらしいのですが、
警察は、「ははは、はいはい、大丈夫だから、見ないで帰りなさい、大丈夫だからっ!」と言って、追い払うんだそうです。

又、飲み屋街の中では、その話題は“タブー”らしく、店長に、「他の店で、俺が見たなんて言うなよ!絶対だぞ!」っと言われました。

“牛女”・・・想像すると、かなり怖いのですが、
夜逃げした店長に持ち逃げされたバイト料・・・実社会の方がよっぽど怖いと思い知らされました・・・。゚(。ノω\。)゚。ウワァーン
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hige1973.blog.fc2.com/tb.php/8-6fc9ff8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。