FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【17】~TV局の怪談・・・その2

.20 2011 知人の体験談 comment(0) trackback(0)
同じく“日本テレビ”での話し。
二ヶ月程経ち、生来の体力と元建築系で図面が読めるという事も有り、“ドラマ”部門の在る川崎の【生田スタジオ】へ転属が決まり、
その後2年間、【生田スタジオ】に住み込みに近い生活になりました。
知ってる方も居るかと思いますが、【生田スタジオ】も“怪談”で有名な場所なんですよねえ・・・。

【生田スタジオ】で有名なのは、『警備員さんの霊』
TVでも何度か取り上げられましたが、「旧・生田スタジオ」から今の「生田スタジオ」への建替えの際、
工事現場での事故で、「旧・生田スタジオ」の名物的存在だった『警備員』さんが亡くなり、その霊が今も館内を徘徊している・・・との事。

はい、確かに居ます。
と言うか、生田で働いた事がある人は大概知ってると思います。

スタジオには大体“仮眠室”が必ず在るのですが、『警備員さん』はどうも、この“仮眠室”での“寝坊した人を起こす”という事を仕事としている様でした。

おかげで殆んどの人が目覚ましをかけ忘れても“寝坊”する事も無く仕事に戻れるのですが、
中には、何が気に入らないのか、『警備員さん』に嫌われてしまう人も・・・。

では、そんな『警備員さん』に嫌われてしまった“先輩”の話し・・・。

~「俺は“仮眠室”では寝ないよ。」
先輩、と言うより、もう“親方”に近い立場になっていた“S”さんという人が、私のやっていたドラマの応援に来てくれた時、
仕事終わりに一杯やっていた席でぽつりと言いました。

(へ?)

仕事が終わって一杯やるのは毎日の事。
その後、新人は先輩達の仮眠室へ行き、全員の寝床を敷くのが慣例だったので、先輩達がそろそろ風呂へ行きそうだったので、
「じゃあ、布団敷いてきます。」と、言った所でのその返事。
「え?じゃあ、どこで寝るんですか?」
「ここ(事務所)で寝るから、布団はいいよ。」
?何でだろう・・・仮眠室は4人部屋だが、カーテンで仕切られているし、ちゃんとしたベッドで寝心地はかなり良い。
「いいんですか?」
「いいんだよ、“S”はいつも事務所で寝るんだよ。」別の親方が話しを遮った。
「はあ・・・。」
まあ、シーツを変えたり、枕カバーしたり、毎日やるのがおっくうになってきていたので、
一人分でもやらなくて良いなら多少はラッキーと思えたので私もそれ以上は聞かなかった。

その後も、“S”さんは事務所のソファーで寝泊りし、2・3日して局へ帰って行った。

「“S”さん、何で仮眠室行かないんですか?」
“S”さんが居なくなってから数日して、親方に何となく聞いてみた。
「あいつ、【警備員さん】に嫌われたんだよ。」

「警備員さんって言っても、生きてる本物じゃ無いぞ、例の“お化け”の方な。」
「え!?まじですか!!」
「ああ、本当に居るんだよ、目覚ましかけ忘れたりしてもあの人が起こしに来てくれるから、ここでは寝坊が異常に少ないんだよ。」
「うわ、そんな事があるんですか!?」
「ああ、でも、【警備員さん】に嫌われる奴も居てさあ、そういう奴は結構酷い目に会うらしいな。」
「え!どんな事が起きるんですか!!」
「ん~、例えば夜中にいきなり叩き起こされたり、何かの気配で目が覚めると、鼻が着きそうな距離に【警備員さん】の顔があったりとか・・・。
あいつも、そのくちだって聞いたなあ。」
「へえ~、そりゃあ“仮眠室”に行きたくなくなりますねえ・・・でも、何で嫌われたんですかねえ?」
「・・・あいつ、かなりカッコイイだろ?」
「え?まあ、ハンサムですねえ。」
「きっと、あいつも“仮眠室”に『女』を連れ込んだんじゃないか?どうも【警備員さん】は、そういうトコうるさいみたいだなあ。」
(!?そうか!!【警備員さん】は、しっかり仕事してるんだ!?)
「そうなんですかあ・・・ところで、【警備員さん】はそれ以外には何もしないんですか?」
「ん?そうだなあ・・・あとは聞かないなあ、まあ、夜中廊下で知らない“警備員”に会ったら、しっかり挨拶はしとけよ、
見た目、古い制服着てるから分かりやすいっちゃあ分かり易いけどな、嫌われると、お前も“仮眠室”で寝れなくなるぞ。」
(ほとんど家に帰れない生活で、“仮眠室”が使えないのは確かに辛い!気をつけないと・・・)

その後、私もこの【警備員さん】に“お世話”になるのですが、まあ仕事熱心な人でしたねえ。
今も「生田スタジオ」で働いているのでしょうか・・・。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hige1973.blog.fc2.com/tb.php/46-c8aa5669
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。