FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【15】~神田・神保町の裏路地

.13 2011 実体験 comment(0) trackback(0)
私は20代の半ばから、一時期“役者”をしていました。
タレント事務所を転々とし、最後に落ち着いたのが神田・神保町に在る“幕末時代劇”を専門とする劇団でした。
劇団事務所は神田・神保町の裏路地に在るバーの2階、
戦前から建つレンガ造りの外壁を残すその建物は、老朽化も有り既にかなり傾いている程でした。
1階に有るバーは、長年営業をしているだけにそれなりに“味”を出していましたが、
2階は、私がその劇団に入る数年前まで住んでいた“おばあさん”が亡くなってからしばらく放置されていた為、かなり風化していました。

劇団に入る前、TV局で裏方を2年程していたのと、3年制の建築系の専門学校を出ていたので、劇団に入るとすぐ座長に、
「2階を事務所にしたいんだ、リフォームしてくれない?」
と頼まれました。
まあ、掃除して、壁紙張り替えて、電気系をちょっと直せば済みそうだったので、気軽に引き受けたのですが、これが又厄介な障害が・・・。

以前済んでいた“おばあちゃん”が作ったと思われる【仏壇】が残っていたんです。

買ってきたモノでは無く、“おばあちゃん”が、古い化粧台を利用して作ったと思われるこじんまりとした【仏壇】の上には、
誰のモノか分からない“位牌”が二つと、眼鏡・ライターなどの“故人の遺品”と思われる物がみっちり乗っていて、
捨てる事も出来ず、にっちもさっちもいかない、困った状況でした。
座長は、「捨てるのも怖いから、布でも被せて隠しちまえ!」と言うので、そうする事に・・・。

作業は、目の前の喫茶店で昼間働いてから夜の作業がメインだったので、なんやかんやで結局その部屋で寝泊りすることに・・・。
劇団の先輩達は、「怖く無いの?泊まったの君が初めてだよ」とか言っていましたが、
自分の“妖怪レーダー”に反応はあったものの、“怒り”は感じなかったし、さっさと片付けたかったので、泊りがけの作業を選択。

そして、最初の夜~
とりあえず大掃除。
【仏壇】上に有る物意外の“おばあちゃん”の生活用品を全て廃棄!
さらに【仏壇】に布を掛ける・・・。
当然の様に、部屋中に“怒り”の空気が・・・。
夜、寝ている間中、部屋中でラップ音がしはじめる・・・。
(まあ、古い家だし、もしも【お化け】だとしても、大した事は出来ないって証拠だな!)
結論、無視!

二日目~
壁紙を剥がし、新しい壁紙を貼る。
電気を消して寝ようとすると、又激しいラップ音。
【仏壇】の上にぼんやりとした“火の玉”が浮かぶも、何も起こらず。・・・無視!!

三日目~
電気配線に気を付けながら、天井にも壁紙を貼る・・・かなりキツイ作業、疲れてすぐ寝る・・・ラップ音がしていた・・・かな?

四日目~
デスクや事務用品が運び込まれ始め、何となく事務所っぽくなってきた。
“人魂”は出なくなったが、ラップ音は依然激しい・・・他の劇団員は皆、スグ帰ってしまった・・・やはりまだ怖いらしい・・・。

五日目~
座長が手伝ってくれて、シーリング・ライトを取り付ける。
配線がショートして、座長が感電!大事にはいたらなかったものの、皆が青ざめる・・・。
皆が布の掛かった【仏壇】に手を合わせる。
夜のラップ音が一切無くなる!!
代わりに、でっかい“ねずみ”が出現、結局うるさい・・・。

六日目~
ほぼ事務所が完成!皆で酒盛り♪
酒のせいで、座長を含め、数人が始めて泊まる・・・ラップ音復活・・・皆が気味悪がって、「もう泊まらない」と言い出す・・・。

七日目~
事務所で初仕事!
座長がデスクを立って歩き始めた途端、シーリング・ライトのカバーが落下!頭に直撃して割れる・・・。
皆が青ざめる・・・。
流石に私も泊まる必要が無かったので、久しぶりに家に帰る。

八日目~
【仏壇】の正式な置き場所が決まり、久しぶりに布が外される・・・部屋の空気が一変!!
「ふ~・・・。」と言うため息が部屋中に聞こた気がしたが、誰も口にしなかった・・・。

その後は何事も起きなくなったが、やはり、私以外の劇団員は数年は決して寝泊りしようとはしなかった。
どうしても泊まらなくてはならない時は、「今日泊まるんだけど、一緒に泊まってくれない?」・・・。

いったい私を何だと思っていたんだか・・・^^;

この建物は、今も現役で残っています。
神保町の“書泉グランデ”裏の細い路地にある、煉瓦造りのバーが一階に在る建物で、向かい側には私が一時店長をしていた喫茶店も。
どちらもそろそろ築70年を迎える老舗で、なかなか良い店です。
神保町の古本屋街に御用の向きがありましたら、是非立ち寄ってみて下さい、穴場的でかなりお勧めです♪

勿論バーの二階には、まだ【仏壇】も在ると思いますがね^^;
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hige1973.blog.fc2.com/tb.php/32-f583a5f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。