FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~【花魁淵】考察~

.29 2011 閑話休題 comment(0) trackback(0)
え~っと、^^;実は私、【花魁淵】には行った事がありません・・・。
車やバイクで何度か脇を通り過ぎた事はありますが、心霊スポットとして訪れた事は無いんです^^;

何度か行く機会も有りましたし、誘われたりもしましたが、ど~も行く気がしないんですよねえ~・・・。
「その3」で書いた通り、遊びで行ってはいけない場所な気がして・・・。
(^^;どこの心霊スポットも、死人が出てるので大差無いとは思うのですが・・・ははは。)

自己紹介に書いたかと思いますが、私には“霊感”と言うモノは備わっておりません。が、
鬼太郎の“妖怪アンテナ”の様な、異変に反応するレーダーのごとき危険を察知する能力は備わっているようで、
現場で怪奇現象が起こる直前、「逃げなきゃヤバイ!」と突然閃いたり、たま~に、「そこへ行くと何か起こるよ」とか反応を示します。
心霊スポットでの怪奇現象遭遇率は普通の人よりかなり高めですが、この能力?のおかげで、何度か危険を回避する事が出来ています。
もしかすると、「守護霊」様的なモノが守ってくれているのかもしれませんが・・・。
(^^;でも、「守護霊」様的なモノが教えてくれているなら、お願いが・・・もっと早く教えてくれえええ!!ちょっと遅いんじゃああ!!
反応するのは大体が怪奇現象が起こる直前だし!たまに事前に教えてくれる時も、そこへ必ず行かなきゃいけなくなってからだし!!)

【花魁淵】はどうも“本能”が「行っちゃ駄目!」と言っているようで、今の所、実地検証はしておりません^^;

でも、例の番組で、【花魁淵】の下流の村を検証していたんですが、興味深かったですねえ~。
(村の名前はど忘れしましたが^^;)
村の中心に供養塔の様な場所があるんですよねえ、
で、村の人達が毎日綺麗にして、花を添え、線香を焚き、供養を続けているようなんですが、
誰もが口をつぐんで、何故そんな昔から、現場から遠く離れた村で供養を続けているのか話そうとしないんです。
スタッフが粘って、匿名で話してくれる人を見つけて話しを聞いてみたら、何と!

~当時、上流から、滝壺に落とされた遊女達の一部がその村に流れ着いたらしいんです。
中にはまだ生きて助けを求める女も数名いたらしいんですが、村の人達は上流で起こった事を知っていて、
武田家が生き残りを殺しに来るのが分かっていたので、誰も助ようとせず、見殺しにしたらしいんです・・・。

・・・との事。
そりゃあ、その後、祟りを恐れて供養塔の一つも建てますよねえ^^;
しっかし、偉く長い祟りですねえ・・・。
何とか成仏は出来ないものなのか・・・。
“ママ”が言っていた、宗教団体のご供養も長く行われているみたいなのに、何故なんだろう?そんなに怨みが深いのか・・・。
悲しい話しですねえ・・・。

あ、私が本能的に避けている“心霊スポット”は三ヶ所在りました。
一つは【花魁淵】、二つ目が【鈴が森】、三つ目は【将門公の首塚】・・・。
特に【将門公の首塚】は、「一生行くもんか!」って思っておりました・・・。
でも、実はこのたび、誘われまして行ってきました!
^^;まあ、何も起こらなかったのですが、一応近々書こうと思っております。(まあ、つまらない話しですが・・・。)

では、この次は、私の【心霊スポット】探訪記的なお話しです・・・。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hige1973.blog.fc2.com/tb.php/16-d7d44931
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。