FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~花魁淵【おいらんぶち】~

.26 2011 心霊スポット・紹介 comment(0) trackback(0)
TV等でかなり紹介されているので、ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方の為に簡単にご紹介を・・・。

場所は、山梨県・甲州市塩山、東京からは青梅街道で行く事が出来ます。

現地は車一台分位のスペースが在り、道路沿いに慰霊碑と看板が立っているので比較的簡単にたどり着けると思います。

ただし、そこは実際の花魁淵ではありません。
あくまで慰霊碑と史跡の説明の場であって、“淵”自体は沢へ下り、30分程分け入った所に在るそうです。

逸話としては、武田信玄の死後、勝頼も自刃し、武田家滅亡の際に、資金源であった金山の情報を隠す為、
金山の鉱夫の慰労の為に集めて住まわせていた遊女達を、口封じの為に殺したという故事の為、
その名が付けられたという話しです。
(殺された遊女の数が55人であった為、別名「五十五人淵」とも言うそうです。)

現地では、遊女達の幽霊が数多く目撃されており、それは、時にに立ち、時には空を舞い、
酷い時には走る車に飛び込んできたりするそうです・・・。

只、ここでよく勘違いされるのは、現地に行けば分かるのですが・・・ここで一番怖いのは、実は交通事故・・・。
慰霊碑の周りに卒塔婆が数多く立てられているのですが、それは実は、遊女の供養ではなく、交通事故者の為のものです。
現地は、街灯も無く、曲がりくねって見通しも悪く、さらに、冬場は路面が凍結します。
その為、ここでは幽霊云々に関係無く、死者が増え続けています・・・。
(まあ、幽霊での事故も多く聞く事は聞くのですがね・・・^^;)

では、ちょっと現場からは離れておりますが、車で1時間程の、私の地元で聞き集めた話しです・・・。


スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hige1973.blog.fc2.com/tb.php/12-c8e13452
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。